盗撮されないための対策方法

風俗で働く時に気をつけなければいけないのは盗撮です。
もし撮影された物が流出してしまったら身バレしてしまう可能性があります。
しかも裸の写真で身バレなんてなったら最悪ですよね。

ここでは業種別の盗撮対策を紹介していきたいと思います。

ソープ

ソープでの盗撮リスクは今までほとんどありませんでしたが、スマホのカメラが高性能になったために度々トラブルが起こっています。
1回戦と2回戦の間やお風呂からベッドに移動する間にスマホを触るお客さんいますよね?その時に無音カメラなどで撮影してする人がいるそうです。

対策方法としてはスマホを部屋にいる時に触らせない様にする事です。
お客さんが脱いだ服と一緒にスマホは脱衣カゴの中に入れてもらいましょう。
「ソープの室内はお風呂もあり湿気が凄いので万が一の為にと腕時計などと共にタオルに包んでカゴの中に入れてもらってます」と伝えれば拒否するお客さんはいないと思います。

同時にお客さんのバッグにもタオルを被せておくのが良いと思います。

店舗型ヘルス

ソープと同じくスマホに触らせないのが一番です。
貴重品袋みたいなのを用意しておいて財布、腕時計、スマホはこの中に入れておいて下さいと促すのが良いでしょう。
防水の袋でしたらシャワー内にも持ち込めるので防犯の為という意味をお客さんにも理解してもらえると思います。

これは店舗型のお店でしたらヘルスに限らずエステやM性感などでも使える方法です。

デリヘル

一番盗撮被害が多いのはデリヘルです。
自宅派遣可能なお店の場合だと対策方法は無いと思って下さい。
カメラの方を意識して見てしまうなど不自然な行動をする人がいますが、盗撮慣れしている人だとそんなミスもしなかったりします。

対策方法は自宅派遣NGにするのみです。

ホテルヘルス

お客さんが先にホテルに入って女の子が来るのを待つタイプの場合は対策が難しいです。
荷物の位置やコートの位置などを注意するくらいでしょう。

また部屋を暗くする事により最悪盗撮されたとしてもハッキリ写らない様にすると言う方法もあります。
小型の暗視カメラなど暗闇でも撮れるカメラはありますが、それで撮った映像では身バレをするほどハッキリと顔がわかる事はありません。

自宅派遣に比べれば盗撮リスクはずっと低いですが気をつけて下さい。